初夏の花たち

さわやかな初夏の花がそろいました。桃色、オレンジ色、薄ピンク、どれもきれいで目が覚めるようです。変な天気が続いても、がんばって咲いてくれているのを見ると、こっちまで励まされます。がんばって夏を乗り越えましょう。

c0215283_12422143.jpg

c0215283_1216769.jpg
c0215283_124578.jpg

[PR]
# by etegamibatake | 2013-06-19 12:46 |

初夏の果物

うわーん!なんとでっかいイチゴなんだ!これこそうちの畑からって感じでおいしそ~!うちのイチゴはこんなにでかくても、中まで真っ赤に熟して甘ーいんだよね。

ううう!そして私の大好物のぐいび~!!!グミっていう人が多いけど、私はぐいびって言って育ったよな。グミって言ったら袋に入ったぐにゅっとしたグミキャンディーを思い浮かべてしまう。私はぐいびで通します。台所の裏のぐいびの木、今年もわっさわっさとなってんのかなあ。いいなあ、私の代わりに存分楽しんでね。

c0215283_1221535.jpg
c0215283_121403.jpg

[PR]
# by etegamibatake | 2013-06-19 12:11 | 果物

初夏の野菜たち

梅雨入りしても畑には恵みの雨は降らず、真夏並みの暑さに襲われたりと、野菜も人間もかなり天候に遊ばれているなあ、今年は。世界中のあちこちで天災が暴れまくっているし。自然の恐ろしさ。

それでも野菜は強い!なんじゃかんじゃ言っても、しっかりニョキニョキ育ってくれてんじゃないか。さすが!これだけあれば初夏のおいしい食卓が楽しめそうですなあ。

c0215283_1324823.jpg

c0215283_1353046.jpg
c0215283_135332.jpg
c0215283_134403.jpg
c0215283_1341398.jpg

[PR]
# by etegamibatake | 2013-06-19 11:50 | 野菜

自然の力に癒され、復活!

一年前の今頃は、お母さんは緊急入院、お父さんは手術という最悪の時期だった。
どうにか乗り切った今、庭の花は変わらず目を楽しませてくれてるし、山の花も何もなかったようにやはりきれいな花を咲かしている。手術から回復したお父さんも畑に出て野菜と話しをしているみたいね。
お母さんもやっと花と話しができだしたようで、真剣に筆を握っているのが目に見えます。花の優しい微妙な色もお母さんながらうまく捉えているので、とてもすてき。
これからも無理しないで元気にがんばっていってほしいな。

c0215283_1312468.jpg
c0215283_13114577.jpg
c0215283_13113120.jpg
c0215283_13111376.jpg
c0215283_13103270.jpg
c0215283_1310916.jpg
c0215283_1392536.jpg
c0215283_139051.jpg
c0215283_1381815.jpg
c0215283_1375213.jpg
c0215283_1372211.jpg
c0215283_137626.jpg
c0215283_1364818.jpg

[PR]
# by etegamibatake | 2013-05-18 13:26 |

猛暑のスイカ

c0215283_10534332.jpg


この猛暑にスイカなしで生きていけるか。

自分の畑から救世主!

毎日こんなおいしいスイカにかぶりついてりゃ、
夏ばてにもなりませんよ。

いいなあー。

スーパーで買うスイカは味気も色気もないぞ。

私の代わりりに楽しんでください。

来年こそはー!
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-30 10:59 | 果物

ミニトマト

c0215283_1049445.jpg


またいろんな種類ができたんだね。

見るだけでも楽しい。

それにしてもそれぞれ皮の厚さ、甘さ、食感、すべて違って面白いよね。

絶対覚えられないからいいんだけど、
これがまたいちいち面白い名前がついてんだよな。
誰が考えるの?
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-30 10:52 | 果物

栗かぼちゃ

c0215283_10461472.jpg


この時期にかぼちゃができるんだっけ?

かぼちゃや芋は秋のものだとばかり思ってた。

でもおいしそう。

昆布と一緒に煮たらいいねえ。

かぼちゃをオーブンで、焼き芋みたいに焼くのも好きです。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-30 10:48 | 野菜

インゲン豆

c0215283_1042343.jpg


インゲン豆?

おいしそうにぷくぷく膨れて、
すだれのようになっている。

あー、煮たらおいしいだろうなあ。

あ、味噌和えもいいかなあ。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-30 10:44 | 野菜

露草

c0215283_102138100.jpg


これは最近の絵手紙の中で一番好きかも。

草の中にさみしそうに咲いている露草の
強くはかない感じがとてもよく出てる。

花びらと葉っぱの微妙なねじりや、茎の”あの”感じがここまでよく出せたね。

構図もとてもいい。

筆遣いも気持ちいいし、色の出し方も感動ですね。

がんばって書いている成果かな。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-30 10:29 |

花びらたち

c0215283_10153631.jpg


花の形のボタンが散っているようでかわいい!

こうして葉っぱも茎もなく花だけ書いてみるっていうのも新しい構想だなあ。

これは元気に咲いている花だけど、
散ってしまった花でもこうして描いてあげると
生き返ったようになるんじゃないかなあ。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-30 10:17 |

ミニひまわり?

c0215283_8472678.jpg


ほんと、雨上がりに見たら気分もアップする花だね。

暑い夏がそこまで来てるよって言ってるようでもあるし。

ミニひまわりなんだろうか。

そういえば最近、顔より大きいようなひまわり、
あまり見ないよね。

花の中心から色がじわーっとにじむような感じ、いいねえ。

やっぱりね、黄色は夏の色だ。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 08:53 |

つつじ

c0215283_8345425.jpg


うちの庭にもつつじがあったか。

このピンク加減がかわいいねえ。

つつじと言えば、田植えの頃に山を色づけてくれる山つつじ。
近くで見てもきれいだけど、満開だとまた素敵。

いまだに皐月とつつじを間違えてしまうけど、
皐月のほうが少し小ぶりだったかなあ。

おじいちゃんが盆栽にしていたのは皐月だったね。

それにしてもたいそう手塩にかけて育てていたよね。

あれはお見事でした。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 08:43 |

梅雨の紫陽花

c0215283_824566.jpg


紫陽花の七変化は毎日見てても飽きないね。

紫陽花と梅雨、

これくらい完璧な組み合わせはないよ。

じめじめの梅雨も、
動画のように移り変わる美しい色で気分爽快。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 08:29 |

トマト

c0215283_894121.jpg


わ、いいねえ、畑から採り立てのトマトの幸せ。

トマトは食べる前に少し冷やして食べるのがおいしいっていうのが普通なんだろうけど、
私はやっぱり変わり者。

畑でもぎたて、まだ太陽の熱を持っているトマトをがぶりとやるのが好きなのよ。

自分では野蛮人のように食べても、
人にお出しするときはやっぱり少し冷やして、
きれいに切って、盛り合わせしてからです。

ぬくもりのある果物を畑で食べる幸せはスイカも同じ。

子供の頃、カラスにつつかれて割れちゃったスイカを
おばあちゃんが鎌で食べやすい大きさに割ってくれ、
それを畑でそのまま食べるのが最高だったんだよ。

今では普通にある種無しスイカなんてその頃は見たこともなく、
真っ赤な実から出る真っ黒の種を吹き飛ばしながら食べるのが醍醐味だった。

だから、店の棚にきれいに並んだ果物にはどうやっても惹かれない。

あ、ついついスイカの話になってた。

トマトも同じ。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 08:23 | 果物

ゴーヤ

c0215283_7484494.jpg


沖縄料理のブートとともに流行ったね、ゴーヤチャンプルー。

アメリカではビターメロン(苦瓜)と呼ばれて、
中国人が主に買って行く野菜ってイメージ。

アジア系マーケットでは干したものがパッケージで売られているし、
健康食品の店では苦瓜のお茶まで売ってる。

あの苦味のために、好き嫌いがはっきり分かれる野菜だけど、
私はまだ自分で料理する勇気なし。

でもおいしく料理されたものが目の前に出されたらいただきたい。

あ、お母さんが作ったゴーヤの佃煮、おいしかったよ。

今年もがんばって作っておいてね。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 08:05 | 野菜

なす

c0215283_739866.jpg


おー、ついにナスの季節がやってきたか。

浅漬け、

味噌煮、

焼きなす、

なす田楽、

もう考えるだけで頭がくらくらするくらい好きだ。

アメリカではカレーやトマトソース、ラタトゥーイ(トマト味の野菜シチュー)にも大活躍です。

採りたてならさらにおいしいだろうね。

私の代わりに十分堪能してください。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 07:47 | 野菜

アスパラ

c0215283_7192792.jpg


私がそこにいた5月にも、
毎日のように採りたてを食べたなあ。

採って5分以内に料理して食べるっていう早業ができるのも、
家庭菜園のおかげであります。

お父さんご苦労さん!

それにしても、土から出てくるアスパラの姿って、
なんかあっけないのでびっくり。

下にも回りにも、本体を守ってくれてるような葉っぱとかもなく、
孤独にあっさり、一本ニョキ。

孤独に生きてる、勇ましい侍のよう。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 07:38 | 野菜

メークイン

c0215283_703290.jpg


去年までは男爵だったけど、今年はメイクイーン?

男爵は丸くてぼこぼこだけど、メイクイーンはすらりと縦長だ。

これのほうが皮むきは簡単でいいかもね。

煮崩れもしにくいらしいし。

さつまいもなら毎日食べてもいいくらい好きなんだけど、
なぜかじゃがいもは苦手な私。

野菜はバケツ単位で食べる私でも、唯一苦手なものがあったって思い出した。

だから昔からポテトチップスとかポテトフライトとかまったく手が出ない。

子供の頃は苦手だったけど大人になってから好きになる食べ物もあるけど、
これだけは今だ変わらない。

じゃがいもさん、わがままでごめんなさい!!!!!

でも、世界中のみんなに愛されているんだから、気を悪くしないでね。

もしかしたら、いつか好きになるってこともありえるわけだし。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-07-13 07:17 | 野菜

ドクダミ

c0215283_3153720.jpg


ドクダミは日陰の湿ったところに静かに咲いている
暗いイメージしかなかった。

その花を初めて”かわいい”と感じたのは、
こうして絵手紙の中で見たとき。

よく見ると、白い小さな花がなんと愛らしいこと。

葉っぱの形も茎の色のピンクがかったところも、
その姿そのもの、なんかとても素敵に見えてきた。

薬用にいろいろ利用されているけど、自分では試したことなし。

変なところに生えてたらいやだけど、自分の庭にあるならいつか試すのもいいかも。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-28 03:24 |

ホタルブクロ

c0215283_2593659.jpg


釣り鐘状のぷっくりした花がうつむいて咲いている。

産毛が生えているような、ふわっと、ざらっと、

なんか和紙のような手触りの花びらの表面はなんともいえないなあ。

絵にその感じがうまく出ているんだけど、
コンピューターに入れるとうまく再現できないのだけは残念。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-28 03:06 |

アジサイの七変化

c0215283_2373990.jpg
c0215283_237254.jpg


アジサイの色は土壌の酸性度で変わり、

酸性なら青、アルカリ性なら赤らしい。

花の咲き始めから終わりまで、
同じ株の中でも微妙に色が違うし、
日に日に変わり行く色を楽しめるのも、
アジサイだけだよね。

またそれを絵に残せるって、
いいよね。

梅雨、アジサイ、カタツムリ、

切っても切れない組み合わせ。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-28 02:53 |

すみれ

c0215283_2194375.jpg


スミレの花びらって変わっているなあ。

1枚だけ下にラッパのように下がり、
その上に2枚左右対称にうちわを広げたように開いたのが前と後ろに2組あり。

雑草というけど、”雑”と言う言葉を当てるのがかわいそうなくらいかわいい。

あんなに小さいのにあの強さ、だから雑草なのか。

ちなみに花言葉は、

謙遜、誠実
つつしみ深さ
小さな幸せ
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-28 02:32 |

しし唐辛子

c0215283_223260.jpg


どれがどの種類かわからないけど、唐辛子の種類って多いよね。

ピーマン、パプリカ、しし唐、これはみな唐辛子の仲間だけど甘い種類。

しし唐はその中でも激辛に当たることがあるのはちょっと怖いところ。

なんでも、しし唐は交配しやすいのでそういうことになると聞いたよ。

でもあのしし唐のおいしさのためにはその危険も冒して食べるよなー。

網で焼いて生姜しょうゆで食べたーい!
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-28 02:11 | 果物

きゅうり

c0215283_010251.jpg


きゅうりの皮のつるつるぴかっとしたところと

チクチクざらっとした感じがよくでてる。

夏はきゅうりがどれだけあってもいいね。

サラダ、一夜漬け、酢の物、味噌漬けて生でボリッと食べるのもよし。

変わったレシピとしては、きゅうりをフードプロセッサーでとろとろにして味付け、ヨーグルトを加えてちょっと冷やす。火を使わない夏の冷たいスープの出来上がり。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-28 00:16 | 野菜

たまねぎ

c0215283_23552324.jpg
c0215283_23532395.jpg


どっちのたまねぎも育ったねえ。

5月に食べたときにはまだ縦長だったのに。

紫たまねぎの頭の上の緑の部分、ふにゃっと曲がった感じがなんかいいなあ。

黄たまねぎはそこがからっとしている。

その差が面白い。

どっちのたまねぎも薄くスライスして鰹節としょうゆでさっぱりいただくのが最高。

脳みそがシャキっとしますよ。

また、これをじっくりゆっくりとろーっとするまで炒めていただくのもいい。

心が落ち着きます。

たまねぎは台所の万能選手。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-28 00:06 | 野菜

ぐいび!!!

c0215283_1015315.jpg


うわーーー!

これが、これだけが心残りだった。

ぐいびが大きくなるまでいられなかった今年の日本。

ゆっさゆっさと鈴なりになったぐいびの枝に埋もれながら、

手も口も真っ赤にして食べまくっていた子供の頃。(あ、大人になってからもしてました。)

本当に後ろ髪引かれるとはこのことです。

お母さん、私の代わりに毎日食べまくってください。

これで私も安心して寝れますから。

ちなみに、ぐいびとは岡山弁だそうで、巷ではグミと言うそうです。

大きくなるまで知りませんで、恥かきました。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-23 10:27 | 果物

そらまめ

c0215283_1014683.jpg


うわー、これ大きいのが入ってそうよー。

このふくらみ具合、いい感じだなあ。

ポンと弾けて出てきそう。

煮て食べたい。

それに、この構図、色、とてもいいです!
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-23 10:07 | 野菜

しいたけ

c0215283_952129.jpg


おおおおおーーー、

このお父さんのしいたけおいしかったなあ。

台所の窓から、外にあるしいたけを毎日にらんでいて、

完全に大きくなるまで待てずにだいぶ食べちゃったなあ。

あの醍醐味、いいなあ。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-23 09:56 | 野菜

やぶ椿

c0215283_9385372.jpg


今年は思いがけなく、やぶ椿が咲いている時期に日本にいた。

うちの裏の竹やぶの暗闇から明かりがともったようだった。

素朴だけど、すごい力強さを感じる。

花って無心に咲いているだけなのに、

こうして人の心に明かりをともし、希望を与えてくれている。

脱帽。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-23 09:46 |

菜の花

c0215283_9331710.jpg


長い間待ちわびた絵手紙がやっと届きました。

お母さんとお父さん、同時に病気と闘っていたころ、

こんななんでもないような小さな花にも慰められたね。

やっと筆を持てるようになるまで回復したお母さん、よかったね。

長い間のギャップを感じないよ。

お父さんも痛い足を引きずりながらでもだいぶ山歩きをして、

自然の中で体も心もだいぶ癒されたね。

たまには立ち止まっても、回り道してもいいけど、

いつも元気で、仲良く、おいしいものを楽しんで進んでいこうね。
[PR]
# by etegamibatake | 2012-06-23 09:35 |